Loading…

帯を締め直して・・・。

Posted by hirotoshi on 31.2011 Category: None   0 comments   0 trackback
明日から仕事が始まる。

職場は祖父が創業した地元の地元の建材屋。


おととしシリアから帰国し、昨年は料理の世界に飛び込んだ。
両親から継いでくれ、というかとりあえずその建材屋で働いてくれ、と言われたのが去年の春。

始めはありえないと思っていたけど、

自分がやりたいこと、夢
生活をしていくための基盤
大切にしたいもの

あらゆるバランスを考えた結果、今の仕事がベストだと判断した。

それが多分去年の夏。

だから周りで友達が就職活動する中、自分は就職活動もせず、
バイトと勉強に打ち込んだ。

楽な道を選んでるんじゃないんだろうかという自己嫌悪感や
本当によかったのだろうかと考えることがある。
他に浮気したくなることも多々ある。

そんな時、この道を選んだ時の思いに立ち返る。
そしてその選んだ自分自身に対する責任、その道を歩き続ける覚悟。

最近またごちゃごちゃ考えてしまってたが再確認。
IMG_0339.jpg
シリアの青い空@カナワット。

シリア情勢。

Posted by hirotoshi on 30.2011 Category: None   0 comments   0 trackback
最近のもっぱらの関心事はシリア情勢。

日本のことを差し置いて不謹慎な!と思われるかもしれないけど
私にとってシリアは第2の母国。

大切な人もたくさんいます。

チュニジアのジャスミン革命に単を発した中東の反政府運動。

大小の差はあれど、イエメン、バーレーン、ヨルダン他中東諸国でも行われていた反政府運動が、民主化の火種を一番多く抱えているであろうシリアで行われないのがずっと不思議だった。

政府が強く押さえつけてきたのか
シリア国民がそれほど強い不満を持っていないのか

一般的には前者でしょう。

ただ自分がシリアにいた時のことを思うと
それほど政府に不満を持っている人はいなかったし(言えないだけかもしれないけど)
不自由そうには見えなかったし、
みな大統領大好き!という人ばかりだった。

だからといってそれが正常な姿かと言われれば疑問ではあるけど。


30日、大規模反政府運動が起こってから初めて大統領が演説した。

しかし、具体的な改革案には触れず、
この一連の混乱はシリアを陥れる陰謀だと述べた。


今回の反政府運動はダラアで民主化を求める落書きをした若者が捕まったことが発端らしい。
罪もない人が政府に捉えられ、それが民衆の怒りを買い大規模な反政府運動に発展する。
なんかいかにも大衆受けしそうなストーリーな気がして、
大統領の言う陰謀もあながち間違ってないんじゃないかと思ったりもする。

邪推ですけどね。

ただ、最初に国民の期待に沿うような演説をしなかったのは
エジプトのムバラク前大統領が辞任に追い込まれた流れと似ているような気がして
これはこれで怖い。


シリアで反政府運動が起こる前、
東京の某アラブレストランのシリア人シェフに
「シリアでもエジプトのように反政府運動が起こるか?」
と聞いたら、
「エジプトでムバラク大統領が辞任したら、次は絶対シリアだ。」
と言っていた。

しかし3月初旬シリアに行った時(反政府運動が起こる前)
同じことをシリア人に聞いてみたが、絶対起こらないと言っていた。

シリア人曰く、シリアの大統領が他のアラブ諸国の大統領と違うところは
国民と考えていることが一緒だ、ということらしい。

例えばイスラエルに対する姿勢。
エジプトは国民は嫌がっているのに政府は国交を結んでしまった。
でもシリアは未だイスラエルに対し強行な姿勢を崩さず、国と政府の思いは一緒だ、とのこと。

一方在日シリア人シェフのような意見の方は(1人しかあってないけど)
シリアの経済発展の遅れ、政府の汚職等が改革を求める理由なのだとか。

シリアに2年間も住んでいたにも関わらず、シリアの政治の仕組みのことを全く知らない。
現大統領も知っているのは眼科医だということくらいで、どんな政策の持ち主でこれまで何をやってきたのかも全く知らない。

ただ聞くところによると今の大統領は頑張っており、
悪いのは今も周りにいる前大統領の側近らしい。

大統領はその前大統領の側近を辞めさせようとしていたらしいがなかなかうまくいかず。

でも今回内閣総辞職させてしまったし、
大統領にとっても大きく政治体制を変えるチャンスなのかな、とも思ったりする。


これまた不謹慎かもしれないけど
シリア、延いては中東の歴史が大きく変わるであろうこの時、
できるのであれば現地でその瞬間を見届けたい!

・・・

まあそれは無理なので
今後の展開はアルジャジーラのHPにて。

"SYRIA UNREST"という特設ページもあります。

追記:
アメリカのオバマ大統領は水曜のシリアの大統領の「陰謀だ」というスピーチに対し国民の声を無視したものだと批判したそうです。
また、アメリカ国務省報道官によると、シリアの大統領のスピーチはシリア国民が要求する民主化、経済改革を反映したものではなく、シリアの非常事態宣言は解除されるべきで、反政府運動が続くことを危惧してるとのこと。
ネガティブですね。
syria.jpg

ブログ再開。

Posted by hirotoshi on 29.2011 Category: None   0 comments   0 trackback
実家@青森より。

無事学校を卒業し、約1年の東京暮らしを終え青森に戻ってきました。

2月は学校の卒業イベント準備に奔走し、
3月はシリアへ行き、
やっと少し落ち着いた、そんな感じです。

長期間サボってたブログですが、また再開したいと思います。