Loading…

感謝。

Posted by hirotoshi on 30.2010 Category: None   0 comments   0 trackback

今年の仕事納め、そして私の農家の台所の仕事も今日で終わり。

 

最近では平和ボケしてるんじゃないかと言われるほど怒られる回数が減った。

それでもまだ怒られますが。

 

しかし料理人としてはやっとスタートラインに立てた気がする。

料理人と言うのもおこがましいですが・・・

 

これまで調理以前のところでつまずき、周りの足を引っ張ってばかりだった。

 

お店で料理をするということは当然家での料理とは異なる。

 

お店での調理というのはとにかくチームプレー。

もちろんお客様に提供するまでも含めて。

 

五感を研ぎ澄まし、周囲の状況を判断し、声を掛け合い、自分が何をすべきか判断する。

そして段取り良く仕事をする。

 

言葉にしてしまうと大したことなさそうに見えるが

これがどれだけ重要で難しいことか。

 

やっと技術を身につける土台ができ、

これからという時に辞めてしまうのは本当にもったいないが、

これも私が選んだ道、悔いはない。

 

農家の台所での経験は職が変わっても間違いなく生きる。

本当に貴重な経験ができた。

 

覚えの悪い私に根気強く指導してくれたシェフ、アルバイトさんには本当に心から感謝している。
DSCF0660.jpg

 

本当にこのメンバーで仕事ができて良かった。

採択!!

Posted by hirotoshi on 28.2010 Category: None   0 comments   0 trackback

プロジェクト、採択された。

 

12月中旬にわかるはずの結果が届かず、今年中に結果がわからないんじゃないかと思っていたが、御用納めの今日、やっと連絡がきた。

 

 

リンゴでシリアと日本をつなぐ。

 

 

そういえば協力隊で活動し始めたころもこんなことを思ってた気がする。

 

 

それが現実になるなんて・・・!

 

 

プロポーザル作成には大学、藤崎町関係者、JICA関係者等、スウェーダ試験場スタッフ等たくさんの人のお世話になりました。

 

これまで関わってくれた皆さん、これから関わるであろう皆さんの期待を裏切らないため、大好きなシリア、青森に恩返しするためにも命がけで頑張っていこうと思います。

再会。

Posted by hirotoshi on 23.2010 Category: None   0 comments   0 trackback

活動を共にした仲間がシリアから帰ってきた。

 

帰国便名を聞くのを忘れ、到着ゲートがわからないというハプニングがあり

空港で会うのはほぼ不可能だと思っていたが奇跡的に会えた。

 

12ヶ月ぶりの再会。

 

抱いて泣きあうような感動的再会を想像していたが、久しぶりの再会は、お疲れ、お帰りとあっさりしたものだった。

 

また久しぶりに会う気恥かしさもあってか何を話してよいのかわからない。

話したいことはたくさんあるのに妙にぎこちない感じ。

 

夜一緒に飲んだ。

シリアでのこと、私の日本でのこと、これからのこと

たくさんのことを話しているうちに自然にぎこちなさは消え、まるでシリアに戻ったような感じだった。

 

いつかまたシリアで何かしたいね、と別れる。

 

これから先の方がまだ長い。

 

一緒にシリアで何かできる日は必ずある。