Loading…

ロリンズ来日。

Posted by hirotoshi on 19.2010 Category: None   1 comments   0 trackback
rollins.jpg
「来日するのはこれで最後。」
と、最初に宣言したのは2005年。

当時75歳の体は長旅にはつらいらしく、親日家のロリンズももう無理だろうと思ったらしい。

ステージ上でのロリンズはまさにおじいちゃん。

曲がった背中に、真っ白な頭。
歩き方もヨタヨタ。

しかし一旦サックスを手にすると何分も吹きっぱなし。
聴いてるこっちが疲れるくらい。
どこにそんな体力があるのか。

演奏そのものは衰えを隠せず、途中で眠くなったりもしたが
70歳を超えても未だ現役でステージに立ち続けるその姿からは

まだまだ若い者には負けんぞという気迫
彼が築き上げ、そして背負うジャズの歴史

など様々なものを感じ、目頭が熱くなった。

そしてそれが爆発したのがアンコール。

彼が演奏した曲は「セントトーマス」。

彼の代表曲にして、日本人に最も親しまれている名曲。

ロリンズもそれを知ってて最後の最後に演奏したのだと思う。
これでもう日本とはお別れだと。

お客さんを喜ばせるエンターテイメント精神
日本への愛
これでもう最後なんだというさみしさ
素晴らしい演奏を聴かせてくれてありがとう

という思いから涙が自然に溢れ、止まらなかった。

そんな感動のラストコンサートだと思いきや、あっさり撤回、2008年に再来日。

2008年はシリア在住で見に行くことができず、最後のチャンスを逃したな、と思ったのもつかの間。
2010年再々来日。

まだジャズが生まれて100年足らず。
ロリンズはそんな歴史の半分以上を駆け抜け
マイルスデイビス、ジョンコルトレーン、チャーリーパーカーらと共にモダンジャズを作り上げた名プレーヤー。

同年代のプレーヤーはもうほとんどこの世にはいない。

そんなロリンズはまさに生ける伝説。

さっそくチケットとりました。

楽しみ。

小旅行。

Posted by hirotoshi on 11.2010 Category: None   0 comments   0 trackback
今日明日は久しぶりの完全オフ。

青森に帰ろうかとも思ったのですが、向かったのは静岡。

静岡に行ってみたいお店があったのと、リフレッシュを兼ねて。


この二日間は思い切りリフレッシュしようと早起きしたものの、
外はあいにくの雨。
雨
台風も近付いているみたいですね。


まず向かったのは江ノ島。
これぞ観光地!というところに行きたくて、なんとなく思いついたのが江ノ島。

電車で1時間程度で距離もちょうどよく、静岡からも遠くないということで。


朝早く着きすぎたのか人はまばら。
江の島
島を流れる空気は緩やかで、人も猫ものんびり。
猫
都会の喧騒を忘れさせてくれます。

展望台
展望台からの景色。
天気が良ければ富士山も見えるそうですが天気が悪く見れませんでした。
残念。


2時間程度島を散策し、次に向かったのは鎌倉高校前駅。
駅のホームが海に面しており、そこから眺める景色は何とも格別。
海
何時間でもいたい気分です。


そして向かうは静岡県富士宮市にあるビオファームまつき。 


こちら農場兼レストラン。
自家栽培した農産物をレストランで提供しています。

レストランは“レストランビオス”というフランス料理店と“ビオデリ”というデリカテッセンの2店舗。
ビオスの方は予約がいっぱいで行くことができず、今回はビオデリの方へお邪魔しました。
ビオデリ
ショーケースの中にはお惣菜がずらり。
ショーケース
ほとんどがここの畑で採れたものだそうです。

私はその中からお惣菜をいくつかいただきました。
料理
ビオファームまつきのオーナー、松木さんは元レストランの給仕長。
食へのこだわりから農へと進み、
自分で作った農産物のおいしさ、感動を伝えるべくしてお惣菜屋さん、レストランをオープンしたそうです。


ビオファームまつきでの野菜は有機野菜。

就農当初、有機野菜を食べ、そのおいしさに衝撃が走ったのが有機栽培を始めるきっかけだそうです。

今日私が食べたお惣菜もそんな有機野菜。


自分もそんな感動が味わえるのだろうか。

と期待しつついただいた料理。


料理は確かにおいしい・・・
しかし普通にスーパーで売ってる野菜を使っても同じなのでは・・・


自分の味覚を疑ってしまいたくもなりますが、信じるべきは自分の舌。

残念ながら私には感動は味わえませんでした。


ところでビオファームまつきがある富士宮市。

街は閑散としており、シャッターを閉じているお店が目立ちます。

そんな場所にあるお店。

これからも注目していきたいと思います。

月曜日なのに・・・。

Posted by hirotoshi on 09.2010 Category: None   0 comments   0 trackback
今日のキッチンはまさに戦場。

通常平日の夜は忙しくないのですが、今日はお客さんが途切れず。
仕込みも通常の月曜日を見込んだ数しかしていないので、営業終盤には足りないものが続出でもうてんやわんや。

営業終了後には皆ぐったりで、
「月曜日なのになんでこんなにお客さんが来たんだろう。」
と口々に言い合っていました。

おかげさまで大盛況のお店ですが、
このお店のどこに魅力を感じてお客さんが来るのか
私は未だにわかりません。

値段も安いわけではなく、ファミレスやファーストフード店のようにふらっと立ち寄るようなお店ではありません。
お客さんは
「農家の台所で食事をしたい」
という思いで来店されるのでしょう。

何百、何千とある東京の飲食店。
なぜ農家の台所で食事をしたいと思うのか。

農家の台所は
安全でおいしい野菜が食べられる
珍しい野菜が食べられる
ということで一般的に認知されているのではないかと思っています。

それが昨今の健康志向、食の安全への意識の高まりと相まって、お客さんの来店動機へと繋がるのでしょう。

じゃあ野菜レストランをやったら必ず繁盛するのか

もちろんそんなことはないでしょう。

そこにはお店側の並々ならぬ努力、創意工夫が隠されているはずです。

気づけば半年。

Posted by hirotoshi on 04.2010 Category: None   0 comments   0 trackback
テレビ朝日『世界の車窓から』。

なんと今週はシリア!

見たい・・・けれど仕事で見れない。


シリアの車窓からの風景はほぼ砂漠。

しかしこれは感動しました。

ダマスカスからデリゾールへと向かう電車から。
CIMG0562.jpg

朝6時30分。
車窓から見えるのは朝日に染まるユーフラテス川。

そして見える川沿いの遺跡、ハラビーエ。
CIMG0566.jpg

電車の走る音、車窓からの冷たい風が妙に旅気分を盛り上げ
一瞬ですがとても印象に残る景色でした。


さてあっという間に8月。

東京での生活も残り半年・・・の予定です。

東京に来て自分が成長できているのか、当初の目標に向かい進めているのか。
最近迷い気味です。

振り返るとこの半年は仕事、学校の日々。

8月は学校も夏休みで時間ができるので少しゆっくり考えてみようと思います。