Loading…

シリア冬景色 Jan.22.2009

Posted by hirotoshi on 22.2009 Category: None   0 comments   0 trackback
 中東=暑い。
そんなイメージが一般的かと思いますが、シリアは北緯32度~37度に位置しており、緯度は日本の九州~関東と同じくらいで、冬は日本なみに寒いです。

Picture 005blog

こちらは私の活動先の一つ、スルガヤ農業試験場からの風景。
ダマスカス県北西部に位置するスルガヤは標高1450mに位置し、冬には雪がかなり積もります。
山頂は1650mだそうで、岩木山くらいですかね。

Picture 004blog

リンゴ畑なんかみると青森を思い出しますね。

 

N肥料削減方法・・・ Feb.11.2009

Posted by hirotoshi on 11.2009 Category: None   0 comments   0 trackback

ドクトール アハマドのアドバイスを受け、N施肥量削減計画のコスト削減面からのアプローチ方法を考えてみました。

 

しかし結構難しく、私が思いついたのは以下の通り。

過剰にN施肥されていることが前提です。

 

作物に必要なN量・・・A

肥料の種類、使用量・・・B

土壌、水中のN…C

 

AC=施肥すべきN量・・・D

BD=過剰なN施肥量・・・E

 

E×Y=無駄なコスト(削減可能なコスト) ※Y=肥料価格/kg

 

以上の方法で削減可能なコストが計算できるんじゃないかと考えているのですが、そう簡単にはいかないでしょうね。

土壌中、灌漑水中のN吸収プロセスは作物の種類やNの形態、土壌の状態、環境によって違うでしょうし。

正確には土壌の物理性やら化学性やらなにやらいろいろ調べ、施肥設計をしなきゃいけないでしょう。

 

しかし実用性を考えると、シンプルな方法である必要もあると思います。

 

どの程度一般論として扱え適用でき、どの程度試験が必要なのか。

 

残された活動期間でできるか、というのも大きな問題。

 

もうちょっと見通しをつけ、取り組み方を考えなくてはいけません。

雨と傘 Feb.10.2009

Posted by hirotoshi on 10.2009 Category: None   0 comments   0 trackback
朝からどんよりした曇り空。
今日雨が降るであろうことをうかがわせます。
 
昼になると雨が降り始めました。
普段であれば数分、長くても1時間程度で止むのですが、今日はなかなかやみません。
排水溝のないシリアの道路は、雨が降るとすぐ洪水になります。
 
夕方隊員から電話があり、ダマスカスのマクハー(喫茶店)でアルギーレを吸うことになりました。
 
セルビスを降りて、マクハーに向かう間も雨は降り続け、びしょぬれです。
日本ならコンビニでビニール傘を買うところですが、シリアでは傘を売っている店がなかなかありません。
シリアで傘を欲しいと思ったのは今日が初めてです。
 
ちなみにアラビア語で傘はシャムスィーエといい、シャムス(太陽)に由来する言葉で、どちらかというと日傘に近い感覚でしょうか。

日本のアニメ Mar.9.2009

Posted by hirotoshi on 09.2009 Category: None   0 comments   0 trackback

仕事帰りに所用がありダマスカスに行きました。

用事が早めに済んだので、シリアの秋葉原と呼ばれるコンピューター街に行き、DVD屋に立ち寄りました。

なにか欲しいDVDがあったわけでもないのですが。

 

店内は所狭しとDVDが並べられており、一角には日本のアニメコーナーがありました。

 

シリアでも日本のアニメは有名です。

 

キャプテン翼、ドラゴンボール、遊戯王、ポケモン、スラムダンク、ハム太郎などなど。

私が知らないマニアックなものもあります。

日本のアニメ産業はすごいですね。

 

シリア人がみんな知っている、というアニメの一つに『サスケ』というタイトルのアニメがあります。

正式タイトルかどうかは知りませんが、結構古く、藤子不二雄風のアニメです。

 

以前、スウェーダの試験場で研修会があったとき、夜にシリア人がそれを見せてくれました。

しかし、アラビア語に吹き替えされてしまっているため、私はさっぱり内容がわかりませんでした。

周りのシリア人は笑っています。

私だけさっぱりわかりません。

なんかそんな状態が奇妙に思えて面白かったです。

 

DVD屋にはデスノートアニメ版のDVDが置いてありました。

1話から最終話まで、6枚組で200SP(約400円)。

 

シリアではCDDVD99%コピーです。

 

オリジナルのものを置いてる店は1件しか知りません。

 

著作権という概念はないんでしょうね。

ドクトール アハマド Feb.8.2009

Posted by hirotoshi on 08.2009 Category: None   0 comments   0 trackback

今日はGCSARでの活動の日。

朝のウィークリーミーティングに参加した後、ドクトール アハマドのところにゴータ地区の地下水のN含量を分析したデータを見せてもらいに行きました。

 

しかし、やはりレポートはまだドラフト版で発行されておらず、見せられない、と断られました。

残念ですが仕方ありません。

でも、そのあとずっと話を聞いてくれて、いろいろアドバイスもしていただきました。

 

私は地下水汚染の原因を知りたかったのですが、人間活動、農業、地下水など原因は多種多様で、さらに地域によっても違うようで、明らかにするのは非常に困難だそうです。

 

私が「農家のN施肥量を減らす普及活動を考えてる」、と話したところ、

「いい考えだ。ただ、普及するときは水質汚染や窒素どうのこうの言っても農家は聞かない。N施肥量を減らすことでのコスト削減をきっかけに普及するといいよ。」

とのアドバイスいただきました。

 

私もそれは同意見です。

近代灌漑の普及もそうですが、「シリアは水が少ないから節水しましょう。」とか、Nの場合でも「N肥料を使いすぎだから減らしましょう。」というのは普及のきっかけとしては弱いような気がします。

自分が農家でもそう思うでしょう。

それよりだったら、近代灌漑に変えればこれだけ収入が増加する、とかN肥料を減らせばこれだけ収入が増加する、ということを示したほうが生活に密接に関わっており、はるかにわかりやすいです。

 

ちょっとそっち方面にアイデアをシフトしてみます。

アルギーレ Feb.7.2009

Posted by hirotoshi on 07.2009 Category: None   1 comments   0 trackback

私は現在アルギーレを四つ持っています。  IMG_2998.jpg

最初に買ったアルギーレ。ベーシックなタイプですね。
作りもしっかりしていて、値段もなかなかのもの。
1500sp(約3000円)くらいだったと思います。

 
もう使い慣れて、かなりお気に入りです。


しかし、後々気づいたのですが、これは50~60cmと高く、椅子に座って吸うタイプのようです。
絨毯の上で吸ってると、炭が交換し難く、時々倒してしまいます。

 

 
IMG_3000.jpg

そこで低いアルギーレが欲しいと思い買ったのがこの二つ。
左は和的な感じが、右はシンプルでモダンな感じが気に入り、一つでよかったのですが、悩んだ挙句買ってしまいました。

 
少しまけてもらい、一つ350sp(約700円)でした。
これも後々気づいたのですが、この二つのアルギーレ、低い分にはいいのですが、皿が小さく、灰を落とすと周りに散らばってしまいます。

 

IMG_2999.jpg
そして今日また一つ買ってしまいました。 

 
それがこちら。
高さも低く、皿も大きい。今までの欠点をすべてカバーした一品です。
早速吸ってみると、炭は交換しやすいし、灰は散らばらない。
非常に快適です。


ただ一番最初に買ったアルギーレの吸う感覚に慣れてしまっているせいか、若干の違和感は感じました。
徐々に馴染んでいくでしょう。


アルギーレは吸うのももちろん好きですが、見てるのも好きなんですよね。
個人的には美術品的価値があると思うのですが。
帰国までにまだまだ増えるでしょう。